« 》予知するココロ〜識者らが語り始めた直感 第1感 | トップページ | ミニチュア三社祭(photo) »

2006.05.16

『ドッグ・ミラクル』『キャット・ミラクル』不思議な実話集

本のご紹介です。

まだ最近、出版されたばかりの本のようですが
とても表題に引かれました。

   『ドッグ・ミラクル』

      犬の奇跡。  

アマゾンで検索してみると
出版社 / 著者からの内容紹介 にはこのような書き出しが‥。


 「 信じられないかもしれませんが、すべて本当のお話です 」


私が『逢いたいチカラ』
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』.】
をご紹介している時の

 「 信じられないような現象も記してゆきますが『逢いたいチカラ』は全て実話です。 」

という文章によく似ています。


さらに、カスタマーレビューを読んでみると‥

「 死んでなお飼い主に夢でメッセージを告げる犬、
  
  保健所で殺処分すんぜんのところを救われて、恩返しをする犬たち。

  飼い主の危険を誰よりも先に察し、
  事故や病気から守るために自分の命をも顧みない犬さえいる。  」


そして目次は‥

  愛犬はドクター
  助けて!
  恩返し
  超能力をもった英雄
  さよなら
  大陸横断五〇〇〇キロの旅
  海をこえて
  命をかけて
  いちずな思い
  お別れのとき
  再会
  愛犬はキューピット
  追いかけて、見知らぬ場所へ
  元気な姿で覚えていて
  スーパーノーズ
  奇跡の生還
  いつもそばにいるよ

 (一部のみ引用しました)


のようになっています。


『逢いたいチカラ』
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』.】
の中で私がこれから記そうと思っていることに似たようなことも
この本の中には紹介されているのかも知れません。


    私だけに起きた奇蹟ではない。

    リュウだけが特別でもない。

    世界中で起きていることなんだ!


中身まで読まずとも何か安心感を与えてくれます。

今まではどうしても
 
   「 変人と思われてしまうのではないか? 」

などという不安から核心の部分=不思議な現象について
記すことをためらってしまっていたからです。


『逢いたいチカラ』をある程度のところまで書き進めるまで
私はこの本を読まないでおこうと考えています。

マネをするなどということは決してないのですが、

何らかの影響を受けたり、自分の経験した記憶として
私の脳が都合の良いように過去の記憶をねじ曲げてしまうことがあるからです。

 この本に興味を持たれた方

 愛犬を亡くされてしまった方

 ペットロスで苦しんでいらっしゃる方には

ぜひ読んでいただいて
これから『逢いたいチカラ』の中で展開する出来事と比べていただくのも

ご自分の考えで科学を超えた真理を判断する
資料のひとつとしては最適な知識となるのではないでしょうか?


      ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


もう一冊の

   『キャット・ミラクル』

 「不思議な力をもった猫たちの、おどろきの実話です。」

と紹介され

目次は‥

  涙のあとをたどって
  落下記録世界一?
  献身
  閉じこめられて
  命を救ってくれた不法侵入猫
  幽霊になった猫〔ほか〕
 (一部のみ引用しました)


となっていて犬版、同様に死後の猫たちについても
書かれているようです。

私も猫を飼ったことがありますが
犬のような忠義とはまた異なる猫の魅力にも
興味をそそられてしまいます。


      ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


※よろしければクリックを。応援お願い致します。
にほんブログ村 哲学ブログ
Pet Links(ペット専門ランキングサイト)へ


《関連カテゴリ》
『逢いたいチカラ』バックナンバー(リュウとの死別と不思議な体験、全て実話。)
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』.】

龍のわんぺえじ(オリジナルコミック、リュウとの楽しい想い出や‘大秘境名古屋’などのマンガ。)
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 龍のわんぺえじ(オリジナルコミック).】

|

« 》予知するココロ〜識者らが語り始めた直感 第1感 | トップページ | ミニチュア三社祭(photo) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ドッグ・ミラクル』『キャット・ミラクル』不思議な実話集:

« 》予知するココロ〜識者らが語り始めた直感 第1感 | トップページ | ミニチュア三社祭(photo) »