« 『[変わってしまった私の血液型]〜ひかり車中にて想う5〜逢いたいチカラ25』 | トップページ | 『[香港ディズニー香港政府への怒り]〜ひかり車中にて想う7〜逢いたいチカラ27』 »

2006.04.18

『[死すとも帰らず]〜ひかり車中にて想う6〜逢いたいチカラ26』Photo

前回よりの続きです−。

Yoake


こんな(血液型の)興味深い話にも一切、感心が向くことのない
張り詰めた心のままの、
針の先が触れれば張り裂けてしまいそうな極限な状態にあった私は

とりあえず名古屋へ帰って来い、名古屋の病院に入院すればいい 
という父親の言葉を断固として拒否していました。


     「 男児、志を立てて敷居を跨げば
 
                死すとも帰らず 」


少し間違えていると思うし誰の言葉かも、どこで知ったのかも覚えていませんでしたが、
故郷を離れる時に私は心の中で何回もこの言葉を無意識の内に繰り返していました。

でも明確な志、目標といったものを描いていたわけではなく
あえて当時目標としていたものは何かと尋ねられたら

それは ‘ 苦労 ’ でした。

『巨人の星』という故梶原一輝氏の原作の漫画のワンシーンで

清水の次朗長だったか歴史上の高名な武士だったかが
月に向かってそう願ったというエピソードが描かれていました。


   「 我に艱難辛苦(かんなんしんく)を与えたまえ 」


この言葉も上京する時、常に私の頭の中を占拠していた言葉です。

そしてこの言葉、願いは見事にかないました。

この事故をかわきりに
凄まじいまでの試練が次々と私を襲うことになるのでしした。

あまり普通には味わわないような境遇を
これまでにも少なからず経てきたような私でしたがこの当時は

なにか 大きく一切合切を 自分は変わらなければならない 

という強列な衝動に駆られていたのでした。


その為に環境を変え、職を変え、友人知人先輩後輩たちとも離れ車やオートバイも捨て
そして愛くるしい愛犬のリュウとも離れることを厭わなかったのです。

満身創痍の状態の私でしたがこんな思いから
頑なに父の言葉を拒否し続けたのでした。

このまま田舎へ帰ることは恥だとも思っていました。

名古屋と東京は僅か350〜400㎞程度離れているだけ、新幹線だってあるし
同じ日本なので言葉だって通じる 東京ではなく海外へ単身移住することも選択肢にあったから

交通事故程度で帰るのは何とも弱々しく格好わるいことだと思っていたのです。

実際の暮らしの中では方言や訛りによる誤解とか気候の違いとか
車のない生活、とにかく東京は歩かなければならない 
都会の人間の独特な冷たさ—思っていた以上の様々な経験を積むことが出来たのでした。

この時、私は交通事故に遭ってしまったことを友人たちに伝えようとはしませんでした。
それは幼いときから繰り返し聞かされた父の言葉がなぜか心に焼き付いていたからでした。

     「苦労を話しても人に笑われるだけだ。」

幼かったころの私には ともだちたちもそんなに冷たいの? とその意味がよく判らなかった。

この事故の時でさえ、
友人によけいな心配や出費をかけさせてはいけないという思いから知らせなかったのであり

この言葉の意味を世間の当たり前の厳しさを心から理解はできていなかったのです。


                                  —続く。

      ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


『逢いたいチカラ』は全てが実話で私小説のような形式を採っています。
事故については10年ほども前の話となりますが私小説形式なので
全てが過去形での文章となっておりません、よろしくご理解のほどお願い致します。


      ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


※よろしければクリックを。応援お願い致します。
にほんブログ村 哲学ブログへ
Pet Links(ペット専門ランキングサイト)へ
人気blogランキングへ


《関連カテゴリ》
『逢いたいチカラ』バックナンバー(リュウとの死別と不思議な体験、全て実話。)
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』.】


|

« 『[変わってしまった私の血液型]〜ひかり車中にて想う5〜逢いたいチカラ25』 | トップページ | 『[香港ディズニー香港政府への怒り]〜ひかり車中にて想う7〜逢いたいチカラ27』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67451/9659449

この記事へのトラックバック一覧です: 『[死すとも帰らず]〜ひかり車中にて想う6〜逢いたいチカラ26』Photo:

« 『[変わってしまった私の血液型]〜ひかり車中にて想う5〜逢いたいチカラ25』 | トップページ | 『[香港ディズニー香港政府への怒り]〜ひかり車中にて想う7〜逢いたいチカラ27』 »