« 中国、「戌年」にペット受難 | Excite エキサイト : ニュース | トップページ | 》‘失敗学’と危機を免れる‘幸運な偶然’[ガイド/易経/経営] »

2006.01.28

『[ドクターハラスメント]〜ひかり車中にて想う3〜逢いたいチカラ23』

11年程前、名古屋から東京へ上京して僅か数カ月後に出会ってしまった

          一つ目の大きな試練—


といっても、日常毎日聞く話で、よほど特殊なものでない限り
ニュースに取り上げられることもないようなものです。

夜間に横断歩道を歩行中、暴走車にはねられたのです。

それだけなら、まだ良かった。

被害を受けた私への加害者、関わったいくつかの公的機関、組織の扱いは
全く信じられないものでした。
およそ、人間扱いをされませんでした。


   「ここは本当に法治国家の日本なのか?」


          「俺は日本人として扱われていたのか?」
      (日本人以外の方への差別的な扱いが現として存在しています)


 「これが東京流なんだろうか?」


          「何と恐ろしい国に住んでいたんだろう。」


なぜか揃いも揃って権力を乱用する勘違いをした巨大な公的機関、組織の担当者、

患者のことなど一切考慮しない我利我欲だけを追い求めている病院

それらに振り回され、
事故にプラスして追い討ちをかけられるように数年に渡り苦しめられる事になるのです。

私に過失はなく、一方的に被害に遭い、外的にもダメージを受けた私は
救急車で病院へと運ばれました。

           「自分で乗れ!」

救急車が到着した際、現場に居合わせたある公的組織の人間はそう怒鳴りました。

              「?」

何が起こり始めたのかその時は理解できませんでした。


到着した病院でも異様な出来事は続きました。

なぜか、救急指定を受けている病院なのに、

受付での対応のみで、まるで風邪でもひいて来院した一般の診察患者のような扱いです。

何時間も待たされた挙げ句に、初診ということで診察券などを作るよう指示されました。
その上、ベッドに空きがないとのことで、診察室で一晩を過ごすことになりました。

そして、翌日には朝一番に病院から追い出されました。

その際、現金の持ち合わせがないことを伝えると、
(松葉杖の)レンタル料が払えないのなら、
 
       「 松葉杖は返して下さい。」

と事務的な応えの後、取り上げられました。

     唖然とし、 目を丸くし、

しばらく受付の事務員さんたちを見つめてしまいましたが
忙しいから早く帰れ、という無言の雰囲気が伝わってきました。

満身創痍で片足を引きづりながら、タクシーで何とか自宅まで辿り着きました。

※『逢いたいチカラ』は全て実話です。誇張なども一切ありません。
 前回からの続きとなっております。

※よろしければクリックを。応援お願い致します。
人気blogランキングへ
Pet Links(ペット専門ランキングサイト)へ

《関連カテゴリ》
■『逢いたいチカラ』バックナンバー(リュウとの死別と不思議な体験、全て実話。)
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』.】

■『逢いたいチカラ』と成功の科学・法則(シンクロニシティ/布置など不思議な偶然について)
http://niraikanai.cocolog-nifty.com/blog/cat3415287/index.html
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』と成功の科学・哲学.】

■龍のわんぺえじ(オリジナルコミック、リュウとの楽しい想い出や‘大秘境名古屋’などのマンガ。)
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 龍のわんぺえじ(オリジナルコミック).】

|

« 中国、「戌年」にペット受難 | Excite エキサイト : ニュース | トップページ | 》‘失敗学’と危機を免れる‘幸運な偶然’[ガイド/易経/経営] »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67451/8377693

この記事へのトラックバック一覧です: 『[ドクターハラスメント]〜ひかり車中にて想う3〜逢いたいチカラ23』:

« 中国、「戌年」にペット受難 | Excite エキサイト : ニュース | トップページ | 》‘失敗学’と危機を免れる‘幸運な偶然’[ガイド/易経/経営] »