« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005.08.26

人生の転機と布置叉はシンクロニシティ

今夜、ディズニードラマスペシャルとして

 『星に願いを・七畳間で生まれた410万の星』

というドラマがフジTV系列にて放送されます。


私は番組宣伝でこの番組を知りました。

そして、ひとつの感想を持ちました。

8月08日の記事で

《香港ディズニーランド野良犬殺処分/後記
[東京DL/愛・地球博手塚治虫イベント/
 火の鳥2772/自主アニメ/Blog記事の無断使用]》

という内容のものをUPしました。

香港ディズニーランドが野良犬を殺してしまうことについての
3回の記事で、
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 香港ディズニーランドが野良犬を殺処分へ!![手塚治虫,LA,自主アニメ,大山倍達].】
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 香港ディズニーランドが野良犬を殺処分へ2〜その周辺事情〜.】
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 香港ディズニーランド野良犬殺処分/後記[東京DL/愛・地球博手塚治虫イベント/火の鳥2772/自主アニメ/Blog記事の無断使用].】
・私のW・ディズニーに対する尊敬の念、
・私が手塚治虫先生から直接聞いたディズニーとのエピソード、
・自主製作アニメーションの紹介、
・私の故郷名古屋で現在開催されている
  愛知万博(愛・地球博)の関連イベントの「デ・ラ・ファンタジア」、
・そこで
 「手塚治虫のCOSMOZONE THEATER
             (コスモゾーンシアター)」
として、大平貴之氏が開発しギネス認定された
 スーパープラネタリウム・「メガスターⅡ」
 が、世界最多となる500万個の星空を再現し、星と映像と音楽を融合させた
 プラネタリウムシアターとして上映されている。

                などをお伝えしてきました。


もう、お気付きのことと思います。

フジのドラマ『星に願いを・七畳間で生まれた410万の星』
は、世界一精巧なプラネタリウムを独りで製作した大平貴之氏の半生を
ディズニーの曲にのせて描き、
ディズニーの提供にて製作、放送されるというものです。

       —皮肉なものを感じずにはいられませんでした。
 

   「よりによってディズニーがスポンサー‥、
          そしてこのタイミングに‥。」

       ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


時代、距離、空間を超えた有名無名に関わらない
人と人との繋がり。

そして、私個人の過去の経験、嗜好、出身地に
根ざした様々なキーワード
(ディズニー/手塚治虫/アニメ/名古屋/愛知万博〜など)。

つい先日私は、ある実写映画の中で登場するアニメキャラクタを
ロトスコープ(W・ディズニーが多用、進化させた製作技法)
で製作する仕事をいただき、現在進行しています。


私が香港ディズニーランドが野良犬を殺してしまうことについての
3回にわたる記事を書いている時
このドラマ自体を知りません。
(ので、当然このドラマを意識して記事は書いていません)


また、このblogを始めた目的は
リュウ(柴犬)との不思議な話
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』.】
を多くの人達に伝えるため、

そして、それを理解していただく為の関連した知識
などを同時に得ていただきたかった、などです。

この目的を援助してくれるかのように
(継続して購読していただいている方はご存知かと思いますが)

様々な偶然、出来事がこのblog上などで展開し、
現実に進行しているものとして

誰でも確認することが可能です。
(全体の1/10もお伝えできていませんが‥)


     「大変、説得力があるなぁ、」


と我ながら感心しきりです(笑)。

こういった、私をある方向へ導くかの様な出来事、情報が
リュウの死【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』.】
をキッカケに

     天体の星々のごとく

      私の周りに次々と現れます。


◆ほぼリアルタイムでの不思議な出来事、偶然などの関連記事
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 日本テレビニュースプラス1「怪奇住宅の謎」との共通点2.】
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: ニュースプラス1「怪奇住宅の謎」との共通点1.】
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 成功法則(ガイド)と ポルターガイストの意外な共通性.】
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』の体験事例/エピソード1.】
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: [5/16]ポルターガイストと[5/17]小さな偶然.】
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: [5/16]ポルターガイストと[5/17]小さな偶然2.】他〜。


       ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

そして、そういった出来事などがその時、

     意味が解らなくても

  後々私にとって一番良い選択へ続く道

を示唆するものだったりする事に気付かされるのです。

こういった一連の現象をユングは

   ‘布置’

と名付けたのです。
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: ポルターガイストとユング(深層心理学).】

‘布置’とは元々、星座を意味しています。


また、同じようにユングの提唱した


   ‘共時性=シンクロニシティ’


という概念は
その偶然性、タイミングの不思議さを現わしています。

ユング自身も、この‘布置’を実感しています。


成功者であるかないか、有名無名などに関わらず
大なり小なり、こういった不思議な偶然を
誰もが体験しているものと思います。

       ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


以前、世界中でベストセラーの『思考は現実化する』
で有名なナポレオン・ヒル博士が
『成功哲学』の中で解説している

  ‘ガイド’

について記しました。
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 成功法則(ガイド)と ポルターガイストの意外な共通性.】

この‘ガイド’や

‘大いなる意志=法則’
 
そして‘亡くなってしまったリュウ’
達が現わしてくれる


‘布置’、‘共時性=シンクロニシティ’


を無視してしまうかどうかが


自己実現、成功者と成り得るかどうか
    の重要なカギとなっているようです。

‘学問’として確立していないような
様々な分野の知識、情報と

私の経験した不思議な出来事、あるいは経験中の偶然の体験
などから発想した私独自の考え方、思想だとは
思いますが

皆さんのそれぞれの幸福を達成する為の
一助と成り得れば幸いです。


また、コミック『11(仮題)』として
不思議な体験などから得た知識などを基にした作品を
製作中なので楽しみにしていただきたいと思います。

※次回は、人生の転機を迎えたある2人の女性のお話を軸に
お話を進めてみようと思います。


      ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

いくつかのジャンルの以下のランキングサイトへ登録致しました。
よろしければ応援の程よろしくお願い致します。

〈ペットランキング〉
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


ブログランキング


〈スピリチュアル・哲学ランキング〉
ブログランキング

〈小説ランキング〉

※引続きこちらのサイトへも応援お願い致します。
にほんブログ村 哲学ブログへ
034

《関連カテゴリ》
■『逢いたいチカラ』と成功の科学・法則
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』と成功の科学・哲学.】

■『逢いたいチカラ』バックナンバー(リュウとの死別と不思議な体験、全て実話。)
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』.】

■『逢いたいチカラ』とあの世の科学・哲学・宗教(不思議な現象を科学的に検証していきます。)
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』とあの世の科学・哲学・宗教.】

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.08.19

日本テレビニュースプラス1「怪奇住宅の謎」との共通点2[成功法則]

前回、【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: ニュースプラス1「怪奇住宅の謎」との共通点1.】
の続きとなります。


     ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


もう一つ、日本写真協会理事の茶屋 茂氏が語っていたのは


「(オーブは)カメラや周りとの距離感が無い、
             遠近感が生じていない。
 通常、我々が見えているものと違う不思議なものである。」


この言葉を聞いて私は思わず

     「あっ!」

と声をあげてしまいました。


それは、2003年の12/14am4:00頃に起きた
最も驚くべき、ある奇蹟
(もったいぶる様で申し訳ないのですが
これも今後の『逢いたいチカラ』【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』.】
の中で記します。)
を体験した時の
私の感じたことと全く同じであったからです。


私がこの目でしっかり見た‘そのもの’は

「立体であるのに、何か平面的、奥行感が感じられない、
      どう表現したら良いのだろう?」


この体験をしてからというもの様々な情報に出会い、
科学(アインシュタイン、ホーキング博士)、宗教(釈迦の言葉など)
などの分野に、その答え?らしき学説、言葉を見い出しました。
(これらの見解は、また別の機会に)

また、種々のTV番組で
幽霊の映った動画が多々、放送されていますが、

そういったものの中に非常に私が見たものと
近い動き、見え方のものがいくつかありました。

それは、(幽霊の動き方が)通常の人間の動きに加え、
機械的に正確な動きが加わる、というものです。

そして、今回の茶屋氏の言葉は
私にある種の自信を与えてくれました。

‘見る’ことを熟知しているであろう専門家が
私の抱いていた感想と同じような事を言っている、

たまたま、この番組が見られて良かったなぁと思っています。


私達が通常見ている風景は
脳内で加工された画像であり、
様々な映像も、カメラや広角レンズなどで
被写界深度や露出などを調節した‘造られた’画なのです。

コンタクトやメガネを着用すると、

 ‘生の目で見た風景との違和感’
 
を感じた方も多いのではないでしょうか?


人体側の仮説としては

‘肉眼で見る以外の未知の人体のシステム’とか
 ‘脳内の視野角などの未知の働き’
  ‘赤外線との関連’

などが通常見えないものが見える現象を説くカギなのかも知れません。


ただ、私の場合は


    ‘死後のリュウ(亡くなった愛犬—柴犬)
               に逢いたいという強い想い’


が決定的に重要な要素として働いたことは間違い無いのです。
(いわゆる成功の法則との共通性、関連についても
 後々、記してゆきたいと思います。)


※このサイトでは私の体験した不思議な現象などを中心に、
 霊魂、あの世、などについての情報なども記していますが
 決して現実逃避や世を儚む、ことを奨励するものでは
 ありません。

 逆に、いかに現実(この世)での行動、思考、出来事、結果などが
 大切なものであるかを思い知らされているような次第です。

 これらについての見解も近い内に記してみたいと思っています。

      ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

※ご注意 《 盗作blogについて 》  
『逢いたいチカラ』は2005年2月より連載開始しております。
私小説『逢いたいチカラ』やblogのその他の記事、コンテンツより
コンセプト、構成、エピソード、文言などを
多数盗用、模倣、改変し流布しているA氏のblogが存在しています。
(著作権法違反とマナー、倫理の問題があります)
読者の方々においては誤解なき様、願っております。

※A氏においては盗作部分の削除を行わなければなりません。

【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: blog盗用問題.】


      ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


※ 以下のランキングサイトへ登録しております。
 よろしければ応援の程よろしくお願い致します。

〈ペットランキング〉
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

034


ブログランキング


〈スピリチュアル・哲学ランキング〉
にほんブログ村 哲学ブログへ

ブログランキング

〈小説ランキング〉

《関連カテゴリ》
■『逢いたいチカラ1〜16』バックナンバー
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』.】

■『逢いたいチカラ』とあの世の科学・哲学・宗教(不思議な現象を科学的に検証していきます。)
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』とあの世の科学・哲学・宗教.】

■龍のわんぺえじ(オリジナルコミック、リュウとの楽しい想い出や‘大秘境名古屋’などのマンガ。)
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 龍のわんぺえじ(オリジナルコミック).】


| | コメント (0)

2005.08.16

リンク集「犬、猫〜を救う」更新しました。[動物実験/動物愛護/里親/虐待]

リンク集にサイトを追加しました。

◆写真集「どうぶつたちへのレクイエム」の著者、
児玉小枝さんのHP.
ボランティア団体「どうぶつ福祉ネットワーク」を立ち上げる。
大学の医学・農学・獣医学系の学部や研究室、製薬会社、化粧品会社などの
実験施設で動物実験に携わってこられた方(あるいは今も携わっておられる方)
からの貴重なメッセージをご紹介しています。
犬猫の里親探しも。迷子犬、探しています、などの情報も。
【リンク: どうぶつたちへのレクイエム.】

◆猫の里親探しと動物愛護情報。
【リンク: 神様お願い!!僕たちを助けて。猫の里親探しの掲示板と動物愛護の情報。.】

◆猫に関する役立つ情報を網羅した、猫の情報ネットワーク・ リンク集
猫を捨てないで下さい〜として
・実録集
* 実録・捨てられた子猫の悲惨な末路
* 実録2・残酷な悪戯に耐えた捨て猫の話
* 実録3・哀れな捨て猫とその母猫の話
* 実録4・捨てられ猫の底力  など。
里親探し里子探しも。
【リンク: CIN.】

◆犬猫の里親募集。
命について。虐待について。動物実験について。など。
【リンク: ぼくらはみんないきている.】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.12

成功法則(ガイド)と ポルターガイストの意外な共通性

私の周りで不思議な現象が起こる前後になぜか
そのタイミング毎に、偶然にも、

それに関連、直結するような情報が私の前に現れる、
という事が数年、続いています。


私の部屋で5月16日に起きた現象【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: [5/16]ポルターガイストと[5/17]小さな偶然2.】
の何日か前に

数カ月ぶりに母(名古屋在住)とTELで話す機会があったのですが
その時、母が(会話の詳細は省きますが)

 「ヒュッと白いものが見えた。」

       と言っていました。

そして、5月16日に
私の眼前に白い大きなモノが大きな音と共に現れました。
(当時渋谷)

話しが前後しますが今年の3月の終わり頃、
私はある古本屋に立ち寄りました。
そこで目に止まったのが『成功哲学』  という本です。

私はある時期、いわゆる自己実現、自己啓発書
と言われる本を読みあさる時期がありました。  

その内の一冊が『思考は現実化する』でした。

数あるナポレオン・ヒルの著書の中でも分厚く、
具体的な言葉でまとめられ
最終的に洗練された印象を受けたからです。

なので、今さら 古本屋 で見かけたこの『成功哲学』を読む必要はない
と思いましたが
なぜか気になり、少し立ち読みをしてみました。

そこには『思考は現実化する』などの、
他のナポレオン・ヒルの著書には見られなかった
(もちろん全ての著書を読破した訳ではありませんが)

      “ガイド”

という言葉が載っていました。

1章を占める[見えないガイドを発見する]の章。

“ガイド”と言うと
自分には無い経験、知識をもってある方向、目的に導いてくれる者の意

『思考は現実化する』の中で言えば

 マスターマインド、第六感、想像上の円卓会議 

などに当てはまるものかな?とも思いました。

購入後、じっくり読み進めてみますと、いくつかの驚きがありました。

ナポレオン・ヒルは
“ガイド”をまるで守護霊というか現実の意志を持った人間
のごとく説明しているのです。

実在していないこの協力者—ガイドに対して
命令し、援助してもらい、感謝をする。
と述べられています。

その頃の私は身の回りで起こる不思議な出来事や偶然が
必ずしも

亡くなったリュウ(柴犬-亡くなった愛犬)
    だけが起こしているわけではないのでは?

と感じ始めていましたので、
この“ガイド”がひとつの答えである、と思いました。

そして5月16日の出来事に関しては恐らくリュウではなく

   “私のガイド”

が起こしたことだと思っています。

ユングの体験した不思議な出来事【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: ポルターガイストとユング(深層心理学).】
もこの“ガイド”によるものかも知れません。

最近の私は、恐らくこのガイドが手助けしてくれているであろう
 
 ‘最初のひらめき’ ‘直感’
 
が、ある程度判別できるようになり

理に適っていないと思うようなことであっても
これに従い行動すると
時に驚くような成功を体験するようになりました。

至近の例で言うと
このblogが300アクセス/1日を超えたこと、などです。

今後、
『逢いたいチカラ』【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』.】の中でも語らせていただきますが

不思議な出来事や偶然を体験してゆく過程において
『成功法則』を実感⇨理解することが多々ありました。

私が人生の大きな転換期を迎えていることとも
関連があるようです。

‘霊’などと言うと
恐ろしい得体の知れないもの、などという固定概念がありますが

私にとっては

カワイイままの(亡くなってしまった)リュウと
          成功へ導いてくれる‘大いなる意志’

が実在するものとして私を守ってくれている、
そんな存在でしかありません。

今後も
様々な分野の垣根を超えた
『成功法則』との関連性などを記してゆこうと思っています。


      ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


追記 06.8.4
※ご注意 《 盗作blogについて 》
  【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: blog盗用問題.】

『逢いたいチカラ』は2005年2月より連載開始しております。
私小説『逢いたいチカラ』やblogのその他の記事、コンテンツより
コンセプト、構成、エピソード、文言などを
多数盗用、模倣、改変し流布している(A氏改め)h氏のblogが存在しています。
(著作権法違反とマナー、倫理の問題があります)
読者の方々においては誤解なき様、願っております。

※(A氏改め)h氏においては盗作部分の削除を行わなければなりません。


      ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


※ 以下のランキングサイトへ登録しております。
 よろしければ応援の程よろしくお願い致します。

〈ペットランキング〉
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

034


ブログランキング


〈スピリチュアル・哲学ランキング〉
にほんブログ村 哲学ブログへ

ブログランキング

〈小説ランキング〉


《関連カテゴリ》
■『逢いたいチカラ』バックナンバー(リュウとの死別と不思議な体験、全て実話。)
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』.】

■『逢いたいチカラ』とあの世の科学・哲学・宗教(不思議な現象を科学的に検証していきます。)
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』とあの世の科学・哲学・宗教.】

■ペット
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: ペット.】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

blogの著作権に関する杞憂

この記事は8/8の記事より追記、移動したものです。

(この件に関係の無い読者の方には、少し不快な思いを抱かせる文章かな?
 と心配ですが自己防衛、
 今後のサイト運営の為にもお許し願います。)

昨日8/7午前11時頃より、
当サイトの記事を全てコピーされた方がいらっしゃる様です。
できましたらメールなどで使用目的など御一報願えないでしょうか。
(プロフィールページより送信できます。)
(50以上の全ての記事を1人の方が
  秒単位で閲覧されていたらしいとのことです。
 過去の経験から様々な悪い方へ想像しています。
 でも、熱心に速読していただいただけかも知れませんね。)

当サイトのサイドバーでも明示しています通り、

“本サイト内のコミック、イラスト、写真等の画像や文章など
(以下「本画像等」)の著作権は、
リンクされた著作権、商標権等一切の権利を有する第三者の財産を除き、
©ネリカナヤが保有しています。
本画像等の承諾なしでの複製、転載等は
/トラックバックや元記事の明示あり、を除き、/お控え下さい。
(本画像等の使用許諾のお申し込みは、
     メールでご連絡お願いいたします。)
リンクはフリーとなっております。
Copyright ©2005 nerikanaya All Rights Reserved. ”

全く個人的にお楽しみいただいているのであれば
特に問題ではないと思います。
むしろ、光栄です。

しかし、それ以外の何らかの目的
—プリントアウトし配部する、記事を引用元の明示無しに無断使用する、
画像や文章を加工、編集して使用する—などは
勘弁していただきたいのです。

悪意なく行われている場合も多いと思います。
私の一方的な誤解であれば良いのですが
誤解を解くためにも、もし何かで御使用であれば御一報願いたいのです。

私は過去に何度も、主に広告製作の仕事上で自分の著作物を不当に扱われ、
大変嫌な思いをしてきました。
喪失感に見舞われてしまうのです。

こういった経験の無い方から見ると
少し過敏過ぎる、とか自意識過剰なのでは、などと
思われるのかも知れません。

確かに、今回の犬達の生きる権利を奪われる事
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 香港ディズニーランドが野良犬を殺処分へ2〜その周辺事情〜.】
と比ぶれば、とても小さなことです。

でも、著作する努力をバカにする行為に、
心はとても傷付きます。
発行部数、アクセス数とかの大小の問題ではないのです。

大したアクセス数もありませんが、
このサイトを閉鎖することも考えねばならなくなってしまいます。


悪意があると判断した場合、
厳密な態度で望ませていただかなければなりません。

また、あまりに同じマンガ、記事が書かれたサイトなどがあれば
どなたか、お知らせいただけると幸いです。
(その際の情報などは一切公開しないように致します。)

以上、私事ですが、よろしくお願い致します。
単なる私の杞憂なのかも知れませんが‥。

被害に会われた上、謂れのない中傷までされた方の記事です。
【リンク: だだもれ絵日記:無断転載について。.】

blogの著作権についての騒動も時々みられます。
【リンク: blogの著作権 - トラックバック・ピープル.】


※よろしければクリックを。応援お願い致します。
人気blogランキングへ
Pet Links(ペット専門ランキングサイト)へ
にほんブログ村 哲学ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.08.08

香港ディズニーランド野良犬殺処分/後記

《追記05 9/14  
 香港ディズニーランドが開園し、この記事へのアクセス数も増加しています。
 各マスコミもその楽し気な様子を伝えています。

 しかし、野良犬を殺処分したことや、
 その後に発覚した、法律で定められた最低賃金以下しか
 労働者へ支払っていなかった事実などについては報道されていないようです。

 私は最近、ある(来秋10月公開予定の実写の)劇場公開用映画の中に登場する
 アニメ部分の監督他のお仕事をいただきました。

 その仕事と、この一連の香港ディズニーランドの記事との不思議な偶然、
 布置、シンクロニシティに関する記事もぜひお読み下さい。
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 人生の転機と布置叉はシンクロニシティ[プラネタリウム/映画製作/香港DL/柴犬/ガイド/自己実現].】》


       ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

香港ディズニーランドが野良犬を殺した事
【リンク: MSN-Mainichi INTERACTIVE 香港.】
が、どうにも頭から離れません。

「〜9月のオープンまでには
 
      すべて安楽死させる 

  とディズニーの広報が発表した。」

としているように、

全ての野良犬たちが捕まえられたのではなく
まだ、捕獲作業が続いているのではないだろうか?
もし新たに捕まえられた犬たちがいるならば

今回、私達がこのニュースを広めたり
メールや電話で直接、抗議してくれた方達の行動が

その犬たちの運命を、
良い方向へ向けさせるような影響を
少しでも与える事ができているのだろうか?

先日、東京ディズニーランドの収益が
前年度比60%減った、というニュースがありました。
入場者減に加え、新たな施設の建設費用が嵩んだ、とのことです。

東京ディズニーランドの運営会社であるオリエンタルランドは
米ウォルト・ディズニーへ支払う
莫大な著作権使用料からの脱却を図る為、
東京ディズニーシーの建設と独自のキャラクターを展開する、
などしています。

オリエンタルランドの社員の方とも、
たまたまお話をした事がありますが
上記のことを仰られていました。

アジア地域での
‘ディズニーランド’というブランドを用いたビジネスモデルは
これだけの情報が溢れる時代の中では
一筋縄ではゆかなくなってくるのかもしれません。

私達、人間は別に修行をする為に
この世に生まれたのではないと思います。

結果的にそうなるとは思いますが、
毎日を幸福な気分で、愛する人たちと暮らし、
綺麗な景色を眺め、おいしい食べ物を食べ、
誰一人残らずそういった社会を築くことが目標であるはずです。

犬たちも同じです。

愛する人たちに裏切られた精神的なショック、
‘安楽死’という名の虐殺から受ける地獄のような肉体的苦しみ
は人間の持つ五感と寸分違わず同じです。

この尊い命を我利我欲から奪ったことは
必ず何かの反動を伴った結果として訪れます。
 

東京ディズニーランド建設の経緯はNHK「プロジェクトX」
でも取り上げられましたが、
そのお客重視の視点、徹底したきめ細かなサービスは
日本のディズニーランド独自のものだったと思います。

このような努力をも足蹴にするような行為です。

ファンタジーや神話を感じさせ、
感動を与えてくれる場であるからこそ
今回の件のような矛盾は許されません。


多くの人々の注視の眼というのは、
相手に圧力を与えることができます。

少なくとも9月のオープンまで
香港ディズニーランドから目を離せません。

《関連記事》
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 香港ディズニーランドが野良犬を殺処分へ!![手塚治虫,LA,自主アニメ,大山倍達].】
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 香港ディズニーランドが野良犬を殺処分へ2〜その周辺事情〜.】

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

愛知万博(愛・地球博)の関連イベントとしてJR名古屋駅付近で
ささしまサテライト事業「デ・ラ・ファンタジア」
(名古屋市中村区)が開設されています。

「手塚治虫の
COSMOZONE THEATER(コスモゾーンシアター)」
として、
手塚治虫氏の著書「ガラスの地球を救え
に込められたメッセージを、
星と映像と音楽を融合させた
プラネタリウムシアターとして上映します。

このプラネタリウムは、大平貴之氏が開発しギネス認定された
スーパープラネタリウム・「メガスターⅡ」で、
世界最多となる500万個の星空を再現するというもので、
名古屋では初公開です。

シアターのナレーションを手治虫氏の長女・手塚るみ子さん、
全体監修をヴィジュアリスト・手塚眞さんが担当します。

未来の地球について空想を巡らせる
感動的な一大エンターテイメントです。

以下、引用元など。
【リンク: デ・ラ・ファンタジア:手塚治虫のCOSMO ZONE THEATER{愛・地球博ささしまサテライト会場}.】
【リンク: 特集 : 愛・地球博 : Yomiuri On-Line (読売新聞).】
メガスターⅡについて
【リンク: メガスターニュース.】

手塚先生がご家族の日常を書かれたマンガが『マコとルミとチィ』です。


他に、手塚漫画の原画の展示や、
愛・地球博タイアップオリジナル商品をはじめ、
ここでしか手に入らないレアグッズ、
ささしま限定のオリジナルグッズなどの販売などされています。

会場以外では、以下のサイトより購入可能です。
【リンク: 暮らしの中で地球を考える「Earth-Mart(アースマート)」.】

手塚先生製作のアニメ映画『火の鳥2772』は
アメリカでアンケートを取って製作、世界市場を狙ったものでした。

主人公の乗る宇宙船シャーク号は、その模型を実写で撮影後、
トレースすることによりリアルさを表現しました。
W・ディズニーが好んで用いたロトスコープという手法です。

私の自主アニメでも使用しました。
【リンク: シアタータランテラ iMovie.】
【リンク: 映写機片結び iMovie.】


考え方、工程は3DCGのソフトウェアの原形とも言えます。

TRON』というディズニーの実写映画は、
映画で初めて3DCGを用いた作品です。

W・ディズニーが存命した時代から
ディズニー社は映像技術において革新的な手法を取り入れています。

この頃宮崎駿初監督作品『ルパンⅢ世カリオストロの城』が、
『太陽の子‥』のような題名の
ゾウの子供の実写の映画との2本立で公開、
   
名古屋では当時、映画は2本立が当たり前で、
しかも料金は1本分でした。

さらに確か
ハリウッドの超大作以外は半額の料金で見ることができました。

当時は、ハリウッド映画もアニメも作品自体が少なく
‘東映マンガ祭り’などで
両者が戦うこともないのに
『マジンガーZvsゲッターロボ』などという題名が付けられ

   「どっちが強いんだろう!」

などとワクワクしていたものでした。   

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


※著作権に関するご注意
《 05 8/12追記
 以下の記事は1つの記事として独立掲載する為、移動いたしました。》


      ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

※ご注意 《 盗作blogについて 》
  【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: blog盗用問題.】

『逢いたいチカラ』は2005年2月より連載開始しております。
私小説『逢いたいチカラ』やblogのその他の記事、コンテンツより
コンセプト、構成、エピソード、文言などを
多数盗用、模倣、改変し流布しているharu○○○○○氏のblog
『 愛しき◯◯ 〜◯◯◯◯◯◯◯◯◯○◯◯◯◯◯◯〜 』
が存在しています。
(著作権法違反とマナー、倫理の問題があります)
読者の方々においては誤解なき様、願っております。

※haru○○○○○氏においては盗作部分の削除を行わなければなりません。


「 盗作行為は許さない! 」という方はクリックしていただけると幸いです。
banner
TOP > 生活・文化 > ペット > 犬


      ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《関連カテゴリ》
■ペット
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: ペット.】

■『逢いたいチカラ』とエンタテインメント(マンガ、映画)
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』とエンタテインメント.】



※ 以下のランキングサイトへ登録しております。
 よろしければ応援の程よろしくお願い致します。

〈ペットランキング〉
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

034


ベータ版のためか全く違った順位が表示されていますのでご了承下さい。

ブログランキング


〈スピリチュアル・哲学ランキング〉
にほんブログ村 哲学ブログへ

ブログランキング

〈小説ランキング〉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.08.02

香港ディズニーランドが野良犬を殺処分へ2〜その周辺事情〜

《追記05 9/14  
 香港ディズニーランドが開園し、この記事へのアクセス数も増加しています。
 各マスコミもその楽し気な様子を伝えています。

 しかし、野良犬を殺処分したことや、
 その後に発覚した、法律で定められた最低賃金以下しか
 労働者へ支払っていなかった事実などについては報道されていないようです。

 私は最近、ある(来秋10月公開予定の実写の)劇場公開用映画の中に登場する
 アニメ部分の監督他のお仕事をいただきました。

 その仕事と、この一連の香港ディズニーランドの記事との不思議な偶然、
 布置、シンクロニシティに関する記事もぜひお読み下さい。
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 人生の転機と布置叉はシンクロニシティ[プラネタリウム/映画製作/香港DL/柴犬/ガイド/自己実現].】》


       ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


前回【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 香港ディズニーランドが野良犬を殺処分へ!![手塚治虫,LA,自主アニメ,大山倍達].】
の記事に対し,

先週、UPしてから今日までで、いつもよりずっと多くの
727人の方からのアクセスがあり、
今だ増え続けています。

やはり多くの方が関心を持ち、心を痛めるニュースだと
改めて感じました。

以下、前回の記事のコメント欄と重複する部分も
ありますが、

見ず知らずの私の呼び掛けに対して
TBやコメントをしていただいた
ぴろみんさん【リンク: BAR CECIL’S どうにもならないのか?.】
ジュンのママさん【リンク: 日々の出来事…:香港ディズニーランドの野良犬問題! - livedoor Blog(ブログ).】
HANAMAMAさん【リンク: wan*wan*wan ・・・いいんですか?ディズニーさん。.】
ミッキーマサさん【リンク: So-net blog:夢を追い駆ける旅…ダークサイドの支配弱まる!?:このことをたくさんの人に伝えたい!.】
今井 裕介さん 【リンク: それ!行け!ゆうすけ日記 | 両手を広げて、泣く学生。.】
Sunny Placeさん【リンク: *...Sunny Place.】
hicyamama さん【リンク: なんでもない一日.】


ありがとうございます、感謝致します。
大変、勇気付けられました。

何より、罪の無い生命を奪うことへの理不尽さ、

ディズニーの思想とはかけ離れた横暴な行為、

そういった事に対する正当な怒りがひしひしと感じられました。


ただ残念なご報告をしなければなりません。

以下、MSN毎日新聞より

「香港ディズニーランドの建設作業員によって養われていた
 野良犬45匹が、9月の開園を前に政府当局により一斉に捕獲され、
 約40匹が処分されたもようだ。

 これらの野犬のうち何匹かは建設中の
 非公式番犬として飼われていたという。
 
 処分を逃れた3−4匹は動物保護団体により保護され、
 2匹の子犬は現在里親を探しているという。〜」

【リンク: MSN-Mainichi INTERACTIVE 香港.】

以下、香港在住の[六福1★]様のサイトにも同様の情報があり、
ほとんど掲示板のようにコメントが寄せられています。
【リンク: 迪士尼くそっくらえ|六福1★.】

今だに、
捕獲された犬達の生死ははっきりとはしていない
とする報道もあるようです。


こんな掲示板もありました。
【リンク: 【ザ】ディズニーが野良犬を殺処分.】

また、香港ディズニーランドは
香港政府が57%
米ウォルトディズニーが43%
の出資比率。

投資額は、
香港政府がインフラ(用地の埋め立て、交通網整備)なども加え、
約224億5000万香港ドル
米ディズニーが24臆5000万香港ドル。
投資比率は9:1=香港政府:ディズニーとなっています。


香港政府は224億香港ドル(約3000億円)の投資で、
開園後の40年間で、その7倍の1480億香港ドル(約2兆円)の儲け
があるとの見通しを発表しています。

約6年前には
香港は上海と激しいディズニーランド誘致合戦
を繰り広げていたことも知りました。

にも関わらず
米ウォルト・ディズニー

   2010年までに上海でのテーマパーク開園

               を計画しています。

計画中の同テーマパークは、
今年9月に開園が予定されている
香港ディズニーランドの4倍の大きさになるといいます。

追記8/3【リンク: ディズニー、2010年までに上海でテーマパーク開園へ=報道 (ロイター) - goo ニュース.】

誘致の経緯 /パリディズニーランドの苦戦/
中国政府、香港特別行政区政府の思惑などについて
は以下のサイトで。
【リンク: 香港ディズニーランド、9月12日に開業.】
【リンク: WR0265香港ディズニーランド開園991111片山.】
【リンク: ディズニーランドは香港を救うか.】

香港ディズニーランドの建設に
日本の企業が参加していた事も解りました。
【リンク: 油麻地の街角から: 前田建設工業、香港ディズニーランドの玄関を建設中.】


第3セクターなどという形態とは呼べない
国家主導の大開発、一大投資による事業のようです。

投資額とは反比例して米ウォルト・ディズニー側の
立場が強いようですが。


ディズニーリゾート線と呼ばれる専用電車
(窓の形がミッキーマウスのシルエット)
まで建設されています。
ディズニーリゾート線(写真)、香港ディズニーランド周辺の Map 。
【リンク: 香港ディズニーランド〜香港各地から電車(地下鉄)やバスでディズニーランドへ行く際の交通情報.】

開園間近ということもあり
様々なメディアが楽し気な雰囲気を伝えています。
ガイド(写真)。
【リンク: 香港ディズニーランド開園間近 - [香港]All About.】

他に、公式HPとして
香港特別行政区政府HP
【リンク: 香港ディズニーランド.】

香港ディズニーランド公式HP
【リンク: 香港迪士尼樂園.】

以上、サイト上の様々な情報を集めてみました。

これだけの大きな事業なので
良い面、悪い面共に取り座されているようですが、

中国政府による香港への1日の入域人数の制限、
花火による環境破壊、新たな失業者問題など
懸念事項はいくらでもあるようです。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

余談ですが、


野良犬の問題はアテネオリンピックの祭にも
報じられましたが、たしか一時捕獲し
オリンピック終了後に放されたのだと思います。

私の子供の頃には名古屋市内でも
群れをなした野良犬が駆け抜けていったものです。

危害を加えられた、と聞いたことはありません。

むしろ繋がれっぱなしのストレスの溜まった飼犬が
配達員の方に噛みつく話はしょっちゅう聞きました。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

“今回の件で少し気になったこと”


わざわざ私の記事などにTB、リンクを貼っていただいたり
(これらも立派に行動のひとつです)

自分なりの方法でこの事実を広めていただいたおかげで

私のサイトへのアクセスは増加し、他の方へのアクセスを合計すれば
恐らく軽く1000人以上の人々には、新たに

「香港ディズニーランドが野良犬を殺処分」

という事実を広める事ができたことと思います。


私達はこれだけの影響力を発揮できることが解りました。
矛盾することがあったなら

   怒りを示し、力を示す

ことはとても大切なことです。


あるサイトには、

「何も中国の事情を知らないで、
 口で言っているだけではないのか。」

というご意見があり、
そのBlog主催の方が困惑しているような様子もうかがえました。


知らない事があったなら、
これから勉強するなり、人に教えてもらえば良いのです。


世の中には、今回の件に限らず
矛盾すること、大きな力が罪の無い人や生命を踏みつぶす行為
が、いくらでもあります。

私自身もそういった経験、闘いをしてきました。
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 逢いたいチカラ9〜阿修羅の日々と子守唄〜.】
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 逢いたいチカラ10〜阿修羅の日々と子守唄2〜.】

では、その間違った行為全てに我々一個人が
全精力を傾けて立ち向かわなければならないのでしょうか?

       答えは否です。

      現実的ではありません。

その時、自分でできる範囲で構わないのです。

大衆心理というものは否定的意見、恐怖などの
ネガティブな思いで満ちあふれています。

都合の悪い史実は、葬り去られてしまいます。

でも今回、私達のとった行動は
この悲しい事実を広めることの一翼を担い
何らかの足跡を残すことができたと
自負しています。

多くの人々の

「尊い生命を奪うことへの怒り」

は確実に

大衆心理⇔潜在意識⇔(私のサイトのテーマでもある)『逢いたいチカラ』
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』.】
へ浸透し、
今後の上海ディズニーランド開発や
身近な動物愛護活動などに向けられ
実際の行動を伴って

新たな過ちを防ぐことができるかも知れません。

また各国のディズニー関連の株式にも影響を及ぼすことも
あるかもしれません。


    ‘想い’は現実化します。


‘想い’へ至る‘知る’という行為

は、そういった意味で非常に重要なことなのだと思います。


私達は精神的にも肉体的にも経済的にも強くあらねばなりません。

インターネットやBlogは使う方向さえ正しければ
個人の力を強めてくれるものだと期待しています。

      ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

※ご注意 《 盗作blogについて 》
  【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: blog盗用問題.】

『逢いたいチカラ』は2005年2月より連載開始しております。
私小説『逢いたいチカラ』やblogのその他の記事、コンテンツより
コンセプト、構成、エピソード、文言などを
多数盗用、模倣、改変し流布しているharu○○○○○氏のblog
『 愛しき◯◯ 〜◯◯◯◯◯◯◯◯◯○◯◯◯◯◯◯〜 』
が存在しています。
(著作権法違反とマナー、倫理の問題があります)
読者の方々においては誤解なき様、願っております。

※haru○○○○○氏においては盗作部分の削除を行わなければなりません。


「 盗作行為は許さない! 」という方はクリックしていただけると幸いです。
banner
TOP > 生活・文化 > ペット > 犬


      ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

《関連カテゴリ》
■『 逢いたいチカラ 』バックナンバー
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』.】

■『逢いたいチカラ』とあの世の科学・哲学・宗教(不思議な現象を科学的に検証していきます。)
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 『逢いたいチカラ』とあの世の科学・哲学・宗教.】

■龍のわんぺえじ(オリジナルコミック、リュウとの楽しい想い出や‘大秘境名古屋’などのマンガ。)
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 龍のわんぺえじ(オリジナルコミック).】



※ 以下のランキングサイトへ登録しております。
 よろしければ応援の程よろしくお願い致します。

〈ペットランキング〉
人気ブログランキング【ブログの殿堂】

034


ベータ版のためか全く違った順位が表示されていますのでご了承下さい。

ブログランキング


〈スピリチュアル・哲学ランキング〉
にほんブログ村 哲学ブログへ

ブログランキング

〈小説ランキング〉

| | コメント (9) | トラックバック (6)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »