« 香港ディズニーランド野良犬殺処分/後記 | トップページ | 成功法則(ガイド)と ポルターガイストの意外な共通性 »

2005.08.12

blogの著作権に関する杞憂

この記事は8/8の記事より追記、移動したものです。

(この件に関係の無い読者の方には、少し不快な思いを抱かせる文章かな?
 と心配ですが自己防衛、
 今後のサイト運営の為にもお許し願います。)

昨日8/7午前11時頃より、
当サイトの記事を全てコピーされた方がいらっしゃる様です。
できましたらメールなどで使用目的など御一報願えないでしょうか。
(プロフィールページより送信できます。)
(50以上の全ての記事を1人の方が
  秒単位で閲覧されていたらしいとのことです。
 過去の経験から様々な悪い方へ想像しています。
 でも、熱心に速読していただいただけかも知れませんね。)

当サイトのサイドバーでも明示しています通り、

“本サイト内のコミック、イラスト、写真等の画像や文章など
(以下「本画像等」)の著作権は、
リンクされた著作権、商標権等一切の権利を有する第三者の財産を除き、
©ネリカナヤが保有しています。
本画像等の承諾なしでの複製、転載等は
/トラックバックや元記事の明示あり、を除き、/お控え下さい。
(本画像等の使用許諾のお申し込みは、
     メールでご連絡お願いいたします。)
リンクはフリーとなっております。
Copyright ©2005 nerikanaya All Rights Reserved. ”

全く個人的にお楽しみいただいているのであれば
特に問題ではないと思います。
むしろ、光栄です。

しかし、それ以外の何らかの目的
—プリントアウトし配部する、記事を引用元の明示無しに無断使用する、
画像や文章を加工、編集して使用する—などは
勘弁していただきたいのです。

悪意なく行われている場合も多いと思います。
私の一方的な誤解であれば良いのですが
誤解を解くためにも、もし何かで御使用であれば御一報願いたいのです。

私は過去に何度も、主に広告製作の仕事上で自分の著作物を不当に扱われ、
大変嫌な思いをしてきました。
喪失感に見舞われてしまうのです。

こういった経験の無い方から見ると
少し過敏過ぎる、とか自意識過剰なのでは、などと
思われるのかも知れません。

確かに、今回の犬達の生きる権利を奪われる事
【リンク: ニライカナイ逢いたいチカラ: 香港ディズニーランドが野良犬を殺処分へ2〜その周辺事情〜.】
と比ぶれば、とても小さなことです。

でも、著作する努力をバカにする行為に、
心はとても傷付きます。
発行部数、アクセス数とかの大小の問題ではないのです。

大したアクセス数もありませんが、
このサイトを閉鎖することも考えねばならなくなってしまいます。


悪意があると判断した場合、
厳密な態度で望ませていただかなければなりません。

また、あまりに同じマンガ、記事が書かれたサイトなどがあれば
どなたか、お知らせいただけると幸いです。
(その際の情報などは一切公開しないように致します。)

以上、私事ですが、よろしくお願い致します。
単なる私の杞憂なのかも知れませんが‥。

被害に会われた上、謂れのない中傷までされた方の記事です。
【リンク: だだもれ絵日記:無断転載について。.】

blogの著作権についての騒動も時々みられます。
【リンク: blogの著作権 - トラックバック・ピープル.】


※よろしければクリックを。応援お願い致します。
人気blogランキングへ
Pet Links(ペット専門ランキングサイト)へ
にほんブログ村 哲学ブログへ

|

« 香港ディズニーランド野良犬殺処分/後記 | トップページ | 成功法則(ガイド)と ポルターガイストの意外な共通性 »

コメント

トラックバック有り難うございました。
著作権の問題って軽視されがちですが、
された側にしてみたら気持ち悪い事この上ないですよね。
お互いめげずに頑張っていきましょう!
ファイトーー!( ゚ロ゚)乂(゚ロ゚ )イッパーーツ!!

投稿: だる山 | 2005.08.15 18:45

がんばりましょう!!

だる山さんの怒りは正当なもので
抗議も全く正しい行為だと思います。

ただ、感情が先走ってしまうと
逆に相手に足下をすくわれて
力を与えてしまう事にもなりかねないので
お互い気を付けましょう。

私の場合はだる山さんのように
何か被害を受けたと、確認した訳ではないので
少し先走ってしまったかなと反省もしています。

過去に、ある上場企業のショールームの意匠設計、
ある有名メーカーのパッケージなどのイラスト
などの私の1人での仕事を
無収入、著作者は別の方、という事で
世に出されました。

喪失感、怒り、バカらしさで
私は一切の創作を止めることにしました。

10年以上経って、
その反動からか、このblogで
マンガ、私小説など描いている次第です。

投稿: ネリカナヤ | 2005.08.16 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: blogの著作権に関する杞憂:

« 香港ディズニーランド野良犬殺処分/後記 | トップページ | 成功法則(ガイド)と ポルターガイストの意外な共通性 »