« 逢いたいチカラ5 〜遠感3/最後のサンポ〜 | トップページ | 懐かしみのある名も無き草花 »

2005.03.19

リンパ腫と偶然と直感と

2/26の深夜am0:35に「逢いたいチカラ4 〜遠感2〜」をupした時のことです。

ココログの新着記事で、upした記事が載っているか確認をしました。
すると、同じ時間の am0:35、私のタイトルのすぐ上に
「ネコのリンパ腫」というタイトルが目に入りました。


「逢いたいチカラ」では、私の実家の愛犬リュウ(柴犬)が3年程前に悪性リンパ肉腫で亡くなる前後の出来事を、この2月からこのblogで発信し始めました。
リンパ腫—というタイトルを見たのも初めてだし、何しろ私が、リンパ肉腫に侵されたリュウについての記事をupしたのと同じ時間 am0:35であることに感慨深いものを感じました。


一見、意味があるのか無いのか解らないようなこの「小さな偶然」。
誰でも日常、時々体験したことのあるよくある出来事なのだと思います。

ただし、この時の私はほんの少しだけ この「小さな偶然」を理解していました。


なので 直感で直ぐに(初めての)トラックバックをしよう、と思い立ち関連した記事を書いて翌日「アルブルつれづれ」の記事「ネコのリンパ腫」に タイトル「ドッグフードの法の整備」としてトラックバックしました。

実は 、リュウが急浙した後、 悪性リンパ肉腫について少し調べたのですが その中でドッグフードとの関連性が少し気になっていたのでした。
「アルブルつれづれ」のラスカルさんは 札幌の獣医さんなので、この辺りのことをうかがってみようと思ったのです。そして ラスカルさんは ドッグフードについての見識を記事として私のblogにトラックバックしてくれました。

その結果私はドッグフードについての獣医さんの意見を聞くことができ、初トラックバック、初コメントが体験できました。またアクセス数も非常に多く、みなさんの ドッグフードに対する関心の高さがうかがわれました。

私にとっては学ぶことの多かった機会を与えてくれたこの 「小さな偶然」。

なかなか行動に移さない ためらう 慎重過ぎる 私に‘直感’と「偶然」は素晴らしい機会と体験を与えてくれる。


リュウの死の前後に、
こういった大小軽重の「偶然」や、「特殊な経験」を目の当たりにした私は
ムリと思いつつも

  科学的なアプローチで理解できないのかなぁ?、 

と強い欲求を持ちはじめたのです。

頼りたい訳ではなく〜古今東西の宗教(政治的権力を目的としたものやカルト的なものは除いて)や古い文献 哲学 物理学などを素人なりに調べはじめました。
そして私なりの結論— 生命観〜世界観 を得ることができ、自分のアイデンティティの一部に加わったような気がします。   


「逢いたいチカラ」は現在5まで進みました。が、まだまだ全体の1/10も書ききっていません。
早く 「特殊な経験」の部分を伝えたいし、調べたものについても発信してゆきたいのですが

順を追って「逢いたいチカラ」の中で詳細に描写してゆくのが最善であると思っています。

いくつかのジャンルの以下のランキングサイトへ登録致しました。
よろしければ応援の程よろしくお願い致します。

〈ペットランキング〉
人気ブログランキング【ブログの殿堂】


〈スピリチュアル・哲学ランキング〉
ブログランキング

〈小説ランキング〉

※引続きこちらのサイトへも応援お願い致します。
にほんブログ村 哲学ブログ
Pet Links(ペット専門ランキングサイト)へ

|

« 逢いたいチカラ5 〜遠感3/最後のサンポ〜 | トップページ | 懐かしみのある名も無き草花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リンパ腫と偶然と直感と:

« 逢いたいチカラ5 〜遠感3/最後のサンポ〜 | トップページ | 懐かしみのある名も無き草花 »